Report

2017 Round5 【開催日】10月28日(土)・29日(日) 【開催サーキット】日光サーキット

第5戦 日光大会 1日目レポート

LIFEGUARD The Drift Muscle 2017 Rd.5 NIKKO
【開催日】10月28日(土)
【開催サーキット】日光サーキット

 

2017シーズン最終戦日光、雨のマッスルクラスで、タイトルを決めたのは野島卓弥選手

 

ドリフトマッスル2017シーズンの最終戦となる日光戦が、2017年10月28日(土)・29日(日)の2日間、栃木県日光市にある日光サーキットで行なわれた。この週末は前週末に引き続いて台風の襲来ということで、雨の予報であった。

ドリフトマッスル初日となる28日は、台風22号が日本列島に接近しつつある状況で、気温も下がって厳しい気候。コース上空には厚い雲が広がってはいるものの、雨はまだ落ちてきていない朝を迎えた。もちろん、雨はいつ落ちてきてもおかしくない状況で、マッスルクラスの予選単走がスタートする午前11時、これに合わせるように雨粒ともいえないような細かな水しぶきが舞い始めていたものの、ドライ路面はまだしばらく保たれていた。

 

この日は、マッスルクラス、およびチャレンジビギナークラスが開催される。今回マッスルクラスは、前戦間瀬に続いて大量30台が参戦。チャレンジビギナークラスも26台を集めての開催となった。

シリーズ最終戦となるのだが、今シーズンのマッスルクラスのチャンピオンは決定していない。第4戦終了時点でのポイント争いでは、斎藤久史選手(#51 mature with 宮精機/RPS13)がトップ(72ポイント)、そして野島卓弥選手(#31 B-style サバビア/S13)が1ポイント差で2番手(71ポイント)、さらに齋藤 航選手(#25 Saito rollcage & Yaguchi auto/S13/63ポイント)、加藤 諒選手(#81 MJ シルビア/S14/60ポイント)、さらに米内寿斗選手(#83 ガレージTSR 180SX/RPS13/46ポイント)と、5選手がタイトル争いに残っている。

 

 

今回も半数弱が予選落ちすることとなる予選単走セッションから波乱の展開が巻き起こる。ランキング争いのプレッシャーもあってか、ランキング3番手の齋藤 航選手が、2本の予選単走をともに失敗し、まさかの決勝進出ならず、という展開もあったが、他の上位ランカーの選手は順調に決勝追走ベスト16にコマを進める。ランキングトップの斎藤久史選手は単走トップ通過。ランキング2番手の野島選手は単走3位通過し、加藤選手は6番手通過となった。かろうじてタイトル争いに残っていた米内選手は予選を5番手で通過はしたものの、この時点でタイトルの権利は無くなった。

 

ポイントランキング上位陣が進出すると同時に、マッスルでの追走が初めてとなる選手が5人もいる、という非常に新鮮な顔ぶれとなった、この日の決勝追走セッション。そのスタートと同時に本格的に雨が降り出し、路面はみるみるウェットになっていき、この日初めてのウェット走行が追走セッションとなった。ベスト16での1回戦は、スピンが続出したものの、トップランカー4名の走りのレベルはウェット路面でもしっかりと実証され、各選手は2回戦に進出。

そしてベスト8が進出した2回戦では、再びまさかの事態が起きた。斎藤久史選手が、先行で富田現史選手(#85 Pierrot with SUNYOU ER34/ER34)を引き離せず、この勝負は5分。そしてポジションを入れ替えての後追いでは、逆に富田選手に離されてしまい、敗退となった。

そして、タイトル争いに残った3選手の最初の直接対決となったのは、2回戦の3組目。野島選手と加藤選手という事実上のチャンピオン決定戦である。先行野島選手が先行の一本目では加藤選手を引き離してポイント先行し、後追いでも見せる走りで勝ち抜き、ここで今シーズンのタイトルを決めた。

 

ベスト4に進んだのは、富田選手、米内選手、野島選手、そして岡﨑 誠選手(#43 SPLASH 180SX/RPS13)の4選手。準決勝1組目の富田選手は先行の1本目で進入速度101km/hを出したものの、米内選手はこれにしっかり食らいつき、先行後追いを入れ替えての2本目では米内選手が富田選手をしっかり引き離して、米内選手が決勝戦へ進む。

2組目では、チャンピオンを相手に追走をすることとなった岡崎選手が、後追いでラインを外して攻めに行ったものの失敗。2本目も岡崎選手は攻めていくもコースアウトして玉砕。

結局この2戦で連続表彰台を獲得したおなじみの2名、新チャンピオンの野島選手とランキング5位からの浮上を狙う米内選手による決勝戦となった。1本目は後追いの野島選手が離されたうえにコースアウト。二本目は後追いの米内選手がきっちり詰めて、きれいな追走を見せて、今シーズン菅生に続く2度目の優勝を勝ち取った。マッスルクラス2位に野島卓弥選手、そして3位に富田現史選手が入った。

 

米内選手はこの日朝寝坊をしたということで「もう、終わった」と思ったという。これで負けていたら悔いが残るところだったとも。間瀬の屈辱をここで返せてよかったとも。そしてタイトルを決めた野島選手は「雨の日光ってのは初めてだったんですが、それが返って、先入観なく行けることができたのが良かったのかもしれません。テンションが上がってくるとミスをするってところをチームスタッフもわかってて『落ち着け落ち着け』って何回言われたかわからないくらいです。今日のタイトルは全部チームのみんなのおかげです」とコメント。

 

ランキング上位3名はこぞって来シーズンは上のクラスへの挑戦を明言している。来シーズンのマッスルクラスではまた新たなメンバーによってタイトル争いが展開されることになりそうだ。またマッスルクラス卒業生たちの活躍にも期待したい。

 

そして、こちらはチャレンジビギナークラスの表彰式です。
表彰台に上がったのは、印南 塁選手(#1 オヨファクトリー シルビア)、島田 健祐選手(#13 シルビアS15)、宮腰 功樹選手(#2 Pierrotソアラ)の3名であった。