大会レポート

Archive - 2017 round05

2017 Round5 【開催日】10月28日(土)・29日(日) 【開催サーキット】日光サーキット

第5戦 日光大会 1日目レポート

LIFEGUARD The Drift Muscle 2017 Rd.5 NIKKO
【開催日】10月28日(土)
【開催サーキット】日光サーキット

 

2017シーズン最終戦日光、雨のマッスルクラスで、タイトルを決めたのは野島卓弥選手

 

ドリフトマッスル2017シーズンの最終戦となる日光戦が、2017年10月28日(土)・29日(日)の2日間、栃木県日光市にある日光サーキットで行なわれた。この週末は前週末に引き続いて台風の襲来ということで、雨の予報であった。

ドリフトマッスル初日となる28日は、台風22号が日本列島に接近しつつある状況で、気温も下がって厳しい気候。コース上空には厚い雲が広がってはいるものの、雨はまだ落ちてきていない朝を迎えた。もちろん、雨はいつ落ちてきてもおかしくない状況で、マッスルクラスの予選単走がスタートする午前11時、これに合わせるように雨粒ともいえないような細かな水しぶきが舞い始めていたものの、ドライ路面はまだしばらく保たれていた。

 

この日は、マッスルクラス、およびチャレンジビギナークラスが開催される。今回マッスルクラスは、前戦間瀬に続いて大量30台が参戦。チャレンジビギナークラスも26台を集めての開催となった。

シリーズ最終戦となるのだが、今シーズンのマッスルクラスのチャンピオンは決定していない。第4戦終了時点でのポイント争いでは、斎藤久史選手(#51 mature with 宮精機/RPS13)がトップ(72ポイント)、そして野島卓弥選手(#31 B-style サバビア/S13)が1ポイント差で2番手(71ポイント)、さらに齋藤 航選手(#25 Saito rollcage & Yaguchi auto/S13/63ポイント)、加藤 諒選手(#81 MJ シルビア/S14/60ポイント)、さらに米内寿斗選手(#83 ガレージTSR 180SX/RPS13/46ポイント)と、5選手がタイトル争いに残っている。

 

 

今回も半数弱が予選落ちすることとなる予選単走セッションから波乱の展開が巻き起こる。ランキング争いのプレッシャーもあってか、ランキング3番手の齋藤 航選手が、2本の予選単走をともに失敗し、まさかの決勝進出ならず、という展開もあったが、他の上位ランカーの選手は順調に決勝追走ベスト16にコマを進める。ランキングトップの斎藤久史選手は単走トップ通過。ランキング2番手の野島選手は単走3位通過し、加藤選手は6番手通過となった。かろうじてタイトル争いに残っていた米内選手は予選を5番手で通過はしたものの、この時点でタイトルの権利は無くなった。

 

ポイントランキング上位陣が進出すると同時に、マッスルでの追走が初めてとなる選手が5人もいる、という非常に新鮮な顔ぶれとなった、この日の決勝追走セッション。そのスタートと同時に本格的に雨が降り出し、路面はみるみるウェットになっていき、この日初めてのウェット走行が追走セッションとなった。ベスト16での1回戦は、スピンが続出したものの、トップランカー4名の走りのレベルはウェット路面でもしっかりと実証され、各選手は2回戦に進出。

そしてベスト8が進出した2回戦では、再びまさかの事態が起きた。斎藤久史選手が、先行で富田現史選手(#85 Pierrot with SUNYOU ER34/ER34)を引き離せず、この勝負は5分。そしてポジションを入れ替えての後追いでは、逆に富田選手に離されてしまい、敗退となった。

そして、タイトル争いに残った3選手の最初の直接対決となったのは、2回戦の3組目。野島選手と加藤選手という事実上のチャンピオン決定戦である。先行野島選手が先行の一本目では加藤選手を引き離してポイント先行し、後追いでも見せる走りで勝ち抜き、ここで今シーズンのタイトルを決めた。

 

ベスト4に進んだのは、富田選手、米内選手、野島選手、そして岡﨑 誠選手(#43 SPLASH 180SX/RPS13)の4選手。準決勝1組目の富田選手は先行の1本目で進入速度101km/hを出したものの、米内選手はこれにしっかり食らいつき、先行後追いを入れ替えての2本目では米内選手が富田選手をしっかり引き離して、米内選手が決勝戦へ進む。

2組目では、チャンピオンを相手に追走をすることとなった岡崎選手が、後追いでラインを外して攻めに行ったものの失敗。2本目も岡崎選手は攻めていくもコースアウトして玉砕。

結局この2戦で連続表彰台を獲得したおなじみの2名、新チャンピオンの野島選手とランキング5位からの浮上を狙う米内選手による決勝戦となった。1本目は後追いの野島選手が離されたうえにコースアウト。二本目は後追いの米内選手がきっちり詰めて、きれいな追走を見せて、今シーズン菅生に続く2度目の優勝を勝ち取った。マッスルクラス2位に野島卓弥選手、そして3位に富田現史選手が入った。

 

米内選手はこの日朝寝坊をしたということで「もう、終わった」と思ったという。これで負けていたら悔いが残るところだったとも。間瀬の屈辱をここで返せてよかったとも。そしてタイトルを決めた野島選手は「雨の日光ってのは初めてだったんですが、それが返って、先入観なく行けることができたのが良かったのかもしれません。テンションが上がってくるとミスをするってところをチームスタッフもわかってて『落ち着け落ち着け』って何回言われたかわからないくらいです。今日のタイトルは全部チームのみんなのおかげです」とコメント。

 

ランキング上位3名はこぞって来シーズンは上のクラスへの挑戦を明言している。来シーズンのマッスルクラスではまた新たなメンバーによってタイトル争いが展開されることになりそうだ。またマッスルクラス卒業生たちの活躍にも期待したい。

 

そして、こちらはチャレンジビギナークラスの表彰式です。
表彰台に上がったのは、印南 塁選手(#1 オヨファクトリー シルビア)、島田 健祐選手(#13 シルビアS15)、宮腰 功樹選手(#2 Pierrotソアラ)の3名であった。

2017 Round5 【開催日】10月28日(土)・29日(日) 【開催サーキット】日光サーキット

第5戦 日光大会 2日目レポート

LIFEGUARD The Drift Muscle 2017 Rd.5 NIKKO
【開催日】10月29日(日)
【開催サーキット】日光サーキット

 

ヘビーウェットのドリフトマッスル第5戦日光は、ベテラン勢のレベルの高さを確認する一戦に

 

早いもので、ドリフトマッスル2017シーズンも最終戦を迎えることとなった。最終戦の舞台は、シリーズ開幕戦と同じ、日光サーキットで、2017年10月28日(土)・29日(日)の2日間にわたって行なわれた。この週末は、前週に引き続いて台風の直撃を受けるタイミングでの開催となって重なり、マッスルクラスが開催された28日(土)こそ午前中はドライで走行できたものの、マッスルクラスの追走決勝、そしてスーパーマッスルクラス開催の29日(日)は全セッションが完全なウェットでの戦いとなった。

 

 

今シーズンのドリフトマッスルは、毎戦毎戦多くのエントリーを集めているが、今回も、マッスルクラスで30台、スーパーマッスルクラスで29台、マッスルチャレンジもビギナークラスに26台、エキスパートクラスで26台を数えた。また台風がやってくるという状況にもかかわらず、多くのドリフトマッスルファンも各選手の応援に雨の中駆け付けていた。

全長1.1kmの日光サーキット。ドリフトマッスルでは、バックストレートをスタート地点とし、10コーナーを経て、11コーナーからドリフトを開始、ホームストレートでは進入速度を計測。その後4コーナーを抜けるまで、が審査区間となる。審査員席は1コーナーの外側に設けられるが、死角となる11-12(最終)コーナー側にはカメラも用意されており、審査区間のすべての様子を審査される。

 

29日(日)は台風がより接近し、雨風共に前日よりも厳しい1日となった。スーパーマッスルクラスでは、3名によるタイトル争いが繰り広げられており、前田翼選手(#74 ZESTINO オディエイティー/RPS13)、箕輪慎治選手(#23 HEY!MAN ツアラー/JZX90)、大金良隆選手(#7 MAD FACE FD3S/FD3S)の3名に絞られていたが、箕輪選手は今回欠場しており、前田選手と大金選手の一騎打ちとなるわけだが、そのポイント差は23ポイントもある。ドリフトマッスルでは1戦で最大26ポイント獲得できるが、決勝へ進出すればポイントを獲得できるため、大金選手にとっては非常に厳しい状況。前田選手は予選を通過し、ベスト8へ進出すればその時点でタイトル確定という、前田選手にとっては非常に有利な状態での最終戦となったわけだ。

 

予選単走セッションは、ヘビーウェットでの走行ということもあって、やはりベテラン勢、そして雨に強いといわれている選手が順当に予選で高得点を挙げていく。特に進入速度については、100km/h以上を強く要求され、決勝にコマを進めた選手の大半がこれをクリアしている。

そして、約半数が予選落ちとなり、決勝に進出するベスト16が発表された。予選トップ通過はやはり、「雨の平岡」の異名をとる平岡英郎選手(#777 MAD FACE FD3S/FD3S)。そして平岡選手のチームメイトで、タイトル争いを繰り広げる大金選手が2番手。前田選手は「予選からプレッシャーがあって、置きに行き過ぎてしまった」と9位通過となってしまった。

 

そして始まった決勝追走。雨は強弱を繰り返し、路面の水量は刻々と変わっていく。最終コーナー側から2コーナーへの北東からの風はあるものの、風は強くなることはなかった。

 

決勝1回戦の8組目で登場した大金選手は、先行の1本目ではしっかり引き離してポイントを獲得したものの、後追いで髙嶋健市選手(#867 伊藤オートチェイサー/JZX100)に合わせきれずに追突。これで敗退決定となり、タイトルの夢も消えてしまう。一方の前田選手は、最上弦毅選手(#813 日比野塾 ZESTINO Proμ 180SX/RPS13)との追走でしっかりと最上選手を引き離してベスト8へ進出し、タイトルを確定した。しかし前田選手は、その勝ち進んだ2回戦で、ウェット路面でのテクニックはもちろん速さもある平岡英郎選手と対決。「ふっきれてやった」と言いつつも、平岡選手の猛プッシュの追走でポイントを取られ、この新チャンピオンは破れてしまう。決勝後前田選手は「来シーズンはチャンピオンとして、平岡選手をやっつけて、ちゃんと常勝できるように腕を磨いていきたい」とコメント。

 

そして、ベスト4へ勝ち上がってきたのは、平岡選手と木口健治選手(#44 Saito Rollcage C33)、別のラダーからは村山悌啓選手(#14 激☆滑走団 DUNLOP シルビア)と川井謙太郎選手(#109 AUTO-TEC チェイサー)といったベテラン勢。

 

平岡選手と木口選手の追走では、後追いの木口選手のプッシングがあってポイント先行。そして後追いでもしっかりと走り切って平岡選手が余裕の決勝進出。この日今一つ速さが無い川井選手と村山選手の追走は村山選手に川井選手が合わせていけず、川井選手はここで敗退し、最終的に4位で終了となった。

 

平岡・村山の2名が勝ち上がって行なわれた決勝戦。平岡選手が先行の一本目では、村山選手が最終コーナーでプッシング。速い平岡選手に離されないようにと間隔を詰めたのだが、平岡選手にとっては、この日3回目のプッシングということもあって「前田選手のプッシングは仕方ないと思ったけれど、木口選手に村山選手だからね、さすがに熱くなってしまった」と反省していたが、2本目の後追いで痛恨のシフトミス。これで優勝は村山選手の手に渡ってしまった。

 

1位村山悌啓選手(#14 激☆滑走団 DUNLOP シルビア)、2位平岡英郎選手(#777 MAD FACE FD3S)、3位木口健治選手(#44 Saito Rollcage C33)という結果となった。ベテラン村山選手にとっては意外なスーパーマッスルクラスで初めての優勝となった。

村山選手は「雨も好きですし、今回はスピードも乗っていたし、調子は良かったです。最後の決勝追走はもっとガッチリやって皆さんに見てもらいたかっただけにちょっと残念ですね。プッシュしてしまったのは、ちょっと見誤ってしまって、だからといって平岡選手が速かったんで、行くしかなかった、という状況でした。マッスルに苦手意識とかはなかったんですが、今回、ようやくスーパーマッスルクラスで初めての優勝です。来シーズンもスケジュールとか、ライセンスも問題なく出場できるようならぜひ参戦しようと思います。実はマシンが出来上がったところで、今回には間に合わなかったんですが、来シーズンはそれで出ようと思います」とコメント。

 

土屋審判員長は「今シーズン、(スーパーマッスルクラス3年連続チャンピオンの)藤野がいなくなってどうなることかと思ったけれど、ベテラン勢が見せてくれて、ホッとしている。藤野はD1でチャンピオンになったし(笑)。今回新チャンピオンになった(前田)翼は、雨でもベテランと同じように走れる引き出しを作っていかないと、強くなれないね。他の選手もベテランはうまいけれど、そこに胡坐をかかないよう、来シーズン以降も世界に通用するドライバーになれるようビシビシ鍛えていくよ」と今シーズンを振りかえり、来シーズン以降の新シリーズにも意欲を見せた。

 

スーパーマッスルクラスの予選セッションに続いて行なわれたチャレンジエキスパートの決勝単走では、今回も、すぐにでもマッスルクラスへ上がれるほどのハイレベルの走りが繰り広げられた。表彰台には、土屋審判員長も納得のAE86の走りを披露した堤 優二郎選手(#47 カローラレビン)が真ん中に立ち、佐藤 仁選手(#49 有限会社 佐藤熱処理 ランサー)、石川 哲也選手(#55 DXL with BS Party Racing シルビア)の3選手が上がることとなった。佐藤選手のランサーは、4輪駆動ということで、マッスルクラスへのステップアップができないため、今後のマッスルクラスのレギュレーション変更(第3条1項の駆動方式について)に言及されるほどの走りを見せた。

 

2011年からスタートし、2013年からはJAF公認競技(準国内格式)として開催してきたドリフトマッスルは、これで終了となった。新しいシリーズの名称と来シーズンのスケジュールは近日中に発表となる。

 

 
 
  ☆☆☆☆ WE ARE THE CHAMPIONS ☆☆☆☆