Report

2017 Round4 【開催日】9月9日(土)・10日(日) 【開催サーキット】日本海間瀬サーキット

第4戦 間瀬大会 1日目レポート

LIFEGUARD The Drift Muscle 2017 Rd.4 MAZE
【開催日】9月9日(土)
【開催サーキット】日本海間瀬サーキット

 

第4戦MAZE、マッスルクラスは野島卓弥選手が、予選14位からのまさかの大逆転

ドリフトマッスル2017シーズンの第4戦となる間瀬戦が、2017年9月9日(土)・10日(日)の2日間、好天の下、新潟県にある日本海間瀬サーキットで行なわれた。

 

ドリフトマッスル第4戦の初日となる9日は、マッスルクラスが開催された。全長2000m、高低差が28.9mある日本海間瀬サーキットのコース。ドリフトマッスルの審査区間は、バックストレッチからスタートし、第2ヘアピン、S字コーナー、そして最終コーナーを抜けるまで、となる。

 

今シーズンは雨ナシの好天に恵まれ続けてきたドリフトマッスルだが、今回ももちろん好天。蝉時雨が降り注ぎ、まだまだ夏です、といわんばかりの非常に暑いスタートとなった。

 

今回マッスルクラスは、前回の菅生戦を上回るなんと30台がエントリー(1台は車両トラブルのため欠場)となった。半数弱の13台が予選落ちということとなる。全16台のトーナメント方式の追走決勝には、まずその予選単走をしっかり走り切った各選手が進出となる。

 

予選単走では、齋藤 航選手(#25 Saito rollcage & Yaguchi auto/PS13)がトップ通過。続いて、菅生戦でパーフェクトウィンを達成した米内寿斗選手(#83 ガレージTSR 180SX/RPS13)がこれに続く。そして、今シーズン、マッスルクラスへフル参戦となり、注目が集まる塚本奈々美選手(#773 頭文字D アゾン WAKO’S)がついにこのベスト16決勝追走へ進出することができた。そんな注目のあつまる決勝追走。しかし、マッスル初の追走となる塚本選手の相手は、その米内選手。残念ながら後追いでは米内選手に置いて行かれ、先行でもそのビハインドを取り返すことなく1回戦敗退となってしまった。

 

この第一回戦では、予選7位の加藤 諒(#81 MJシルビア/S14)と、予選10位通過の鳴海崇一選手(#26 Ambitious R シルビア)が見応えのある追走を展開し、サドンデスの末、鳴海選手がこれに競り勝ち、まさかのポイントランキングトップの加藤選手がこのベスト16のタイミングで敗退。そして、この勝った鳴海選手は、続く第二回戦では米内選手と当たって、残念ながら敗退と、ラダーの組み合わせもあるが厳しいトーナメント戦となった。

 

第2回戦を勝って、ベスト4に進んだのは、齋藤 航選手、斎藤久史選手(#51 mature with 宮精密/RPS13)、そして、野島卓弥選手(#31 B-style サバビア/S13)と米内選手の実力派の顔ぶれとなった。

 

この4選手のベスト4の追走はともにサドンデスにもつれ込む見どころたっぷりの準決勝となった。まず斎藤対決は斎藤久史選手がこれに競り勝つ。そして米内選手と野島選手。先に野島選手がポイントを取るという展開が2度繰り返されたわけだが、サドンデスの2本目では野島選手の追走でなんとか五分に持ち込んで、野島選手が辛くも決勝へ。

 

そしてこの日最後の追走の優勝決定戦。1本目で斎藤選手がミスし、野島選手がポイント先行。そして、野島選手は続く2本目も危なげなくポイントを取って、見事優勝。なんと予選通過(予選単走1本目は失敗して97.0点であったが、何とかリカバーして2本目99.4点を獲得)は14位という厳しいポジションからの逆転優勝となった。野島卓弥選手にとっては今シーズン開幕戦優勝に続く2勝目。マッスルクラス2位には、斎藤久史選手、そして3位に米内寿斗選手が入った。奇しくも、表彰台に上がった3名は、前戦菅生と同じ顔触れとなった。

 

「今日は単走でミスってヤバい位置からのスタートでしたが、ブロックが良かった。ミスをしないこと、そして行けるところは行くという、それだけに注意して走りました。今回もチームスタッフのおかげ優勝できました。みんな、ありがとう。開幕戦につづいて最終戦も勝って、終わり良ければ~、という一年にできるよう、次回も頑張りたいと思います」と野島選手はコメントしてくれた。

これでランキングトップに立ったのは斎藤久史選手。続く2番手には野島卓弥選手。そして3番手に齋藤 航選手とランキングは大きく入れ替わることとなった。マッスルクラスのポイントも面白いランキング争いになってきた。

 

そして、こちらはマッスル開催日におこなわれた、チャレンジビギナークラスの表彰式です。