Report

2017 Round3 【開催日】7月1日(土)・2日(日) 【開催サーキット】スポーツランド菅生 西コース

第3戦 菅生大会 1日目レポート

FEDERAL presents LIFEGUARD The Drift Muscle 2017 Rd,3 SUGO

【開催日】7月1日(土)

【開催サーキット】スポーツランドSUGO・西コース

 

東北の熱き戦い、第3戦SUGO
マッスルクラス参戦2戦目の米内寿斗選手がパーフェクトウィン

 

ドリフトマッスル2017シーズン唯一の東北戦が、2017年7月1日(土)・2日(日)の2日間にわたって、宮城県にあるスポーツランドSUGO西コースで行なわれた。

 

ドリフトマッスル第3戦の初日となる7月1日はマッスルクラスが開催された。
スポーツランドSUGOの西コースは全長984mの、レーシングカートの全日本選手権などにも使われているコース。
最終コーナーの手前からスタートし、今回のドリフトマッスルでの審査区間は、ホームストレートから6コーナーを抜けるまでと、シリーズ最長の審査区間となる。

 

左の1-3コーナー、そしてヘアピンコーナーまでが下り、そこから今度は上りながら右の5-6コーナー、というコースレイアウト。この審査区間に要する時間は約40秒という長い時間の集中力も試されるコースである。

 

マッスルクラス、チャレンジビギナーの全選手へのドライバーズブリーフィングでは、今回SUGOの西コースが初めてという選手も居たことから、土屋圭市審判員長より、各コーナーともにクリップにつけること、脱輪については泥だし(泥や砂をコースに持ち込む)をしたら減点となる、といった注意点と評価基準を再度説明、そしてドライバーがこれを確認することとなった。

20170701 (20)

20170701 (9)

梅雨時期ならではのドンヨリとした厚い雲の下、朝9時15分の練習走行から始まったマッスルクラスだが、路面は終始ドライのまま2回の練習走行を終えた。そしてチャレンジビギナークラスの決勝が始まるタイミングでは日が射しはじめ、気温はさらに上昇。連日の雨の影響もあってか、非常に蒸し暑い状況での決勝を迎えることとなった。

 

今回マッスルクラスは、なんと27台ものエントリーとなった。
そのため、全16台のトーナメント方式の追走決勝には、11台が予選落ちするという厳しいものとなり、朝の練習走行から走り込みの気合いも十分。予選単走では、加藤 諒(#81 MJシルビア / S14)、齋藤 航(#25 Saito rollcage & Yaguchi auto / PS13)、斎藤久史(#51 mature with 宮精密 / RPS13)、野島卓弥(#31 B-style サバビア / S13)、堀口人史(激180SX / E-RPS13)といったマッスルクラスのトップランカー各選手を押さえて、きっちり二回の走行ともに99ポイント以上を獲得した米内寿斗(#83 ガレージTSR 180SX / RPS13)選手がトップ通過。

20170701 (5)

20170701 (3)

20170701 (7)

 

続く決勝追走では、「これがマッスルクラスなのか?」と思われるような見事な追走が何度も繰り広げられ、非常に見ごたえのある決勝追走となった。マシンの接触、駆動系のトラブル、エンジンブロー、さらにはサイドブレーキが戻らなくなったり、と白熱するとともに、トラブルも多発。
しかし、順当に勝ち上がってきたのは予選トップ通過の米内選手。ポイントランキングトップ、単走予選5位通過の加藤選手を準決勝で下し、決勝戦も斎藤久史選手のマシントラブルもあって勝負あり。見事マッスルクラス初優勝を決めた。

20170701 (15)

20170701 (13)

 

「目標としていた優勝を獲ることができました。フェデラルタイヤさんには感謝しています。今年からドリフトマッスルのマッスルクラスへ出場していますが、ホームコースの日光サーキットでの開幕戦ではまさかの予選落ちですごくショックでした。第2戦の名阪は欠場して、今回がマッスル2戦目だったのですが、小学生の時に初めてD1GPを見に来たサーキットがこのSUGOでした。ここで勝ててよかったです。」と米内選手はコメント。

20170701 (18)

 

シリーズ最長の審査区間を持つ一戦だったが、今シーズンのマッスルクラスのレベルを如実に表しているものであった。土屋審判員長は「スーパーマッスルと変わらない追走の寄せ。去年までは自分のクルマだからぶつけたくないという距離。でも今年は勝ちたいという距離。レベルも上がっていて、シーズンオフにみんながしっかり練習してきていることを実感できるシーズンとなっている。優勝した米内選手も普段の練習の成果が出ているんだと思う」とコメントしている。

 

マッスルクラス2位には、斎藤久史選手、そして開幕戦優勝の野島卓弥選手が3位に入った。

 

そして、こちらはマッスル開催日におこなわれた、チャレンジビギナークラスの表彰式です。

20170701 (19)