大会レポート

Archive - 2015 round05

2015 Round5 【開催日】10月17日(土)・18日(日) 【開催サーキット】日本海間瀬サーキット

第5戦 間瀬 1日目レポート

マッスルクラスは奥村脩樹選手が第3戦に続き2勝目を獲得!!

LIFEGUARD TDMC The Drift Muscle 2015 Rd.5 MAZE
10月17日(土)
天気:晴れ、気温:23℃

 

「腕一本で勝負」というキャッチで2011年に土屋圭市と稲田大二郎がドリフトマッスルの旗揚げを行なってから5年目、JAF公認のモータースポーツ競技として3年目を迎えた2015年のドリフトマッスル。第5戦「LIFEGUARD TDMC The Drift Muscle 2015 Rd.5 MAZE」が新潟県の間瀬サーキットで開催された。審査区間はバックストレート途中からスタートし、7番ポストコーナー(45R)→第2ヘアピン(20R)→S字(45R)→最終コーナー(35R)と4つのコーナー。スーパーマッスル/マッスルクラス共にシリーズポイントランキングは非常に接戦しているため、この第5戦はシリーズチャンピオン獲得へ向けての重要な1戦となるのは間違いないだろう。

 

初日となる10月17日(土)はマッスルクラスの単走/追走トーナメントが実施された。この時期の間瀬サーキットは日本海から激しい風が吹き上げることが多いのだが、いつもより風は穏やかで気温も20℃前後と来場者にとっても観戦しやすい天候となった。マッスルクラスは16台のエントリーのため、今回は予選落ちはなし。しかし、2台が車両トラブルで不参戦となったため、決勝は14台で争われる。ちなみに、決勝の追走は予選1位と予選16位、予選2位と予選15位との対戦となるため、予選1位と2位のドライバーは不戦勝となりベスト8からの戦いとなる。

 

午後3時から追走トーナメントは午前中と同じく穏やかな風が吹く秋晴れのドライコンディションの中で行なわれた、審査委員長の土屋圭市は「ハイスピードの富士スピードウェイショートコース、テクニカルなスポーツランドSUGOに対し、間瀬サーキットはバランス型のサーキット。ドリフトの“カッコよさ”と最終コーナーに向けて“進入スピード”を上げられるかが審査の重要なポイントとなる。そういう意味ではドリフトの“総合力”が重視されるコースだ」と語る。

ランキング上位3名の選手が脱落する中、マッスルクラスを制したのは#17奥村脩樹選手(うさぴんセフィーロ)、第3戦菅生に続く2勝目を獲得。2位は今日一番の進入スピード(103km/h)だった#22齋藤航選手(Yaguchi auto& J Producedシルビア)、3位は単走予選トップの#443岸梅良幸選手(緑組SPLワンビア)が獲得した。

ポイントランキングにも変動があり、最終戦を前に1位は#24長沢あかり選手(106ポイント)、2位は#103浜田大選手(93ポイント)、3位は#7大金良隆選手(86ポイント)となっている。

 

  • マッスルクラス優勝 奥村脩樹選手のコメント

「今回も4ドアセダンは僕だけでしたが、それでスポーツカーに勝つのが僕の楽しみなので、2勝目を飾ることができて素直に嬉しいです。今回も楽しく走れたので支えてくれた仲間にも感謝しています。明日のスーパーマッスルも頑張りたいと思います」

 

  • 審査委員長 土屋圭市のコメント

「参戦最初の奥村選手は派手さばかりで速さがないドリフトだったけど、戦いを重ねるにつれて速さを手に入れどんどん上手になっていた上に、今日はほとんどミスがなかった。“安定した速さ”と“豪快さ”が強さに結びつくのでこれからも頑張ってほしい。2位の斎藤選手はまだ24歳、時折凄い走りを見せるけどまだ安定が足りない。それを克服するために、たくさん“経験”を積んでほしい」

2015 Round5 【開催日】10月17日(土)・18日(日) 【開催サーキット】日本海間瀬サーキット

第5戦 間瀬 2日目レポート

スーパーマッスルクラスは藤野秀之選手が優勝
シリーズチャンピオンに王手をかけた!!

LIFEGUARD TDMC The Drift Muscle 2015 Rd.5
10月18 日(日)
天気:晴れ、気温:25℃

 

「腕一本で勝負」というキャッチで2011年に土屋圭市と稲田大二郎がドリフトマッスルの旗揚げを行なってから5年目、JAF公認のモータースポーツ競技として3年目を迎えた2015年のドリフトマッスル。第5戦「LIFEGUARD TDMC The Drift Muscle 2015 Rd.5 MAZE」の二日目が新潟県の日本海間瀬サーキットで開催された。

 

初日はマッスルクラスの追走トーナメントが実施されたが、2日目は誰でも参加可能なチャレンジクラスの単走とJAF準国内競技となるスーパーマッスルクラスの単走/追走トーナメントを実施。このシーズンの間瀬サーキットは、山側は紅葉、海側は真っ青な日本海と風光明美なのだが、昨日同様に秋晴れで穏やかな風が吹く絶好コンディションの中で開催。悪天候に悩まされた前戦(筑波サーキット1000)と比べると、ドライバー/ギャラリー共に絶好の“ドリフト日より”となった。

 

スーパーマッスルのエントリー数は23台だったが、金曜日の練習走行で2台が車両トラブルで不参戦となったため、単走予選は21台がA/Bクラスに分かれて行なわれた。審査委員長の土屋圭市は「スーパーマッスルはドリフトの“カッコよさ”は当たり前、第2ヘアピンから最終コーナーに向けていかに“進入スピード”を上げられるかが審査のポイントとなる。正直、上位のドライバーの差は見た目だけでは判断できないほどレベルが高くなってきているので、区間タイムは非常に重要な要素。ドリフトをさせながらもシッカリと前にトラクションを掛けないと予選は勝ち抜けない。今日は昨日よりも気温も路面温度も高いが、進入速度は97km/h以上じゃないと話にならないな」と語る。

ドリフトマッスル発足当初は、土屋圭市/稲田大二郎から「お金を出してもらえる、感動できるドリフトを目指せ!!」と厳しい意見も聞かれたが、この4年間で“角度”と“スピード”を見せるドライバーがどんどん増えてきている。ちなみに、あるドライバーは「久々に参戦すると、みんなの速さのレベルが大きく変わっているので正直怖いですよ」と語る。そんな中、上位16台が決勝にコマを進めた。

決勝追走はベスト8からシリーズランキング1位#1藤野秀之選手と2位#840岡村和義選手の決勝を思わせるガチンコ対決なども展開。しかし、決勝はもっと凄いバトルが待ち受けていた。#1藤野秀之選手(WISTERIA 180SX)と2015シーズン初参戦となる#55ドリフト侍こと今村隆弘選手(MAD FACE FD3S)の戦いは、審査委員長土屋圭市から「あの技術は凄い!! 久々の凄い走りを見た!!」と言う声も上がるほどの“The 追走”の超接近戦バトルとなった。この戦いを制したのは#1藤野秀之選手。3位は#予選2位の72神谷幸助選手(神谷180SX)が獲得した。ちなみに、今回の結果により、スーパーマッスルのポイントランキングは1位の#1藤野秀之選手が2位以下を21ポイント差に引き離し、シリーズチャンピオンに王手をかけている。

また、チャレンジクラスはエキスパートクラスが18台、チャレンジクラスが7台と多くのドライバーが参戦。土屋圭市は「チャレンジクラスもレベルがどんどん上がっている。特にエキスパートクラスは、進入速度などマッスルクラスでも十分通用できるドライバーが増えているな」と語る。エキスパートクラスは#58 両角貴仁選手(DG-5 S15)、ビギナークラスは#67 LamTik Shin選手(Yashio Factory S15)が制している。

また、今回はドリフトマッスルの冠スポンサーを勤めるライフガードの無料配布はもちろん、PRカー「ライフガード86(何とラッピングではなく 塗装)」の展示も実施。また、ドリフトマッスル協賛メーカーのPRテントも数多くの出展があり、競技の合間は多くの観客で賑わっていた。

 

●優勝 藤野秀之選手のコメント

「朝は3位の神谷選手と優勝争いかな…と思っていたのですが、ちょっと予想が外れましたね。ただ、ドリフト侍との決勝戦は気持ちいい追走ができましたので、観客の皆さんにもいい物が見せられたと思っています。最終戦もいい追走を見せますので、日光にも是非足を運んでください」

 

●2位 今村隆弘選手のコメント

「今シーズン初参戦でマシンもベストの状態で戦うことができましたが、スーパーマッスルのレベルが非常に高いのに驚きました。決勝戦は楽しんで走ることができましたが、次戦に向けてドライバー、クルマを含めレベルアップさせたいと思っています」

 

●3位 神谷幸助選手のコメント

「今日は藤野選手と決勝を戦うつもりで挑んだ追走だったのですが、ベスト4で今村選手と戦った時のミスが全てでしたね…。心を入れ替えて最終戦も頑張りますので、よろしくお願いします」

 

●審査委員長 土屋圭市のコメント

「2015年のスーパーマッスルクラスの走りは大きくレベルアップしていて、今回の藤野選手と今村選手の追走は今年一番。誰もが感動できる凄い走りだった。藤野選手の技術は世界に行っても恥ずかしくないレベルだと思う。オレだったら戦いたくない相手だな(笑)。他の選手もあのような追走ができようになってほしい。最終戦が楽しみになってきた」